• lsouvge23

心と心をつなぐもの

そんな頻繁に会ってるわけではないのに、とても心が通っているなと感じる人がいます。

いつ会っても会えなかった時間を感じさせない人です。不思議ですね。

一方頻繁に会っているのに、この人のこと何も知らなかったかもと思う人もいます。


身近にいすぎて意識がなおざりになってしまうのは寂しいです。

わりと家族はそうなりがちですから気をつけてなくては。

本当は身近にいる家族こそを大切に思い、心を通わせなくてはいけないと思うのですが、皆さんいかがでしょうか?

いまさらとか、恥ずかしい照れるとか言ってるといつまでたっても何も伝わりません。

いつ何が起こるかわからないご時世です。

今すぐ伝えましょう。


それが照れずにできるのはやはり記念日でしょうか。


お誕生日は誰にでもあるものなので、こんな時こそ気持ちを伝えるチャンスですよね。


そんな時プレゼントをいただくことも多いかと思いますが、私は何が嬉しいかというと、自分の知らないところで、自分のことを思いならがらプレゼントは何にしようかと「私に思いを馳せていてくれる」事が嬉しくてたまりません!


もうすぐ誕生日だ、何にしようかな?

から始まって、、、、




どんなものだと喜んでくれるかな?

やっぱり欲しいものを聞いた方がいいかな?

いやいやサプライズで贈った方がおもしろいよね。

てな具合にいっぱい想ってくれるわけですよね。


そんな思い出してくれてることにとても幸せを感じてしまいます。


口に出してくれるのも嬉しい。

思ってくれるとしたらその時間も愛おしい。


プレゼントももちろん嬉しいですが、想ってくれたそんな時間にありがとうを言いたいと思います。


想える人がいるというのもありがたいことですね。


以前「ルーツを想う」というブログを書きましたが、その時、亡くなってもこんなに話題にしてくれるなんておばあちゃん嬉しいだろうねって息子が言っていたのを思い出しました。


私も後々思い出してもらえるようにインパクトを残しておこうかなと思います(笑)