• ikuko shimada

ヤンチャな子どもは大成する?!

あなたの子どもが、落ち着かず、親や先生の言うことを聞いてくれない

ヤンチャ坊主さんだったら、、、、、、


おめでとうございます!もうその子の未来は、かなり明るいです!


やりなさいと言われなくても自分から行動しているのは、こうしたいああしたいという「熱」「欲求」を持っているということです。

どうか、その熱い「生きていく上で大事な意欲」をその子から奪わないでくださいね。

幼い頃の無自覚なこの溢れんばかりのエネルギーと、行きどころのない持て余し気味の欲望は、大人になってその効果を大いに発揮します。


はぁ?何を言ってるんですか。もうこっちはそんな子に振り回されて、嫌な顔されては頭を下げ、すいませんすいませんとペコペコ平謝りで毎日大変なんですから、、、

という声が聞こえてきそうですね。


そうでしょそうでしょ。そうなります。

それでもそれが一生続くわけではありません。せいぜい1~2年くらいのものです。

しかも一日中ではないですよね。瞬間的に起こることです。

すいませ~ん、ごめんなさ~いで収まることならいくらでも言いましょう。


ここで、大人の都合を押し付けたり、つまらない見栄や世間体で叱ってダメ出しや悪い子だと決めつけるたりすると、反抗してそのやり場のないエネルギーを悪目立ちしている方へ持って行ってしまうか、誰も自分を分かってくれないと、殻に閉じ込もってしまうことにもなりかねません。

あるいは、叱られるのが嫌なので大人からは一見お行儀の良い扱いやすい子どもになりますが、親の顔色をうかがっていい子を演じるようになり、やりたい気持ちを自ら押さえ込んでしまいます。

子どもの本来持っている無限の可能性を秘めた大切なエネルギーの源を、消し去ってしまうことにもなりかねません。


こんなもったいないことはないです。


学校という枠組みにうまく収まる子もいれば、収まりきれず、はみ出してしまう子もいます。同級生と仲良くできる子もいますが、なんだか話が合わず、友達ができにくい子もいます。これはその環境にそこ子が、「今、合っていないだけ」で、他の全ての環境で生きられないわけではありません。


その子に、他の子にはない良いところはありませんか?

よく思い出してください。できていることは、たくさんあるはずです。

しかもそれは他の子にはなく、その子にしかない際立って光っているものではないですか?

小中学生だから、校則からはみ出しているだけで、社会人だったとしたらとんでもなく革新的発想だったりしていませんか?





物心ついてから、さぁあなたのやりたいことはなに?夢は?希望は?

と言われても、やりたいことをするたびに叱られ押さえつけられてきたら、どうでしょう。うまく立ち回ることを覚えた子は、大人の喜びそうな答えを用意してしまうかもしれませんね。


社会に出て、新しいアイデアやどんな仕事にも必要なクリエイティブを求められても、子どもの頃に火種から根こそぎ摘まれた意欲には、なかなかうまく火は付きません。

知識はいくらでも後づけできますが、豊かな感性のアンテナを折られてしまっては、、、



そうは言っても、、、、、ですよね。


ここでひとつ親としてのミッションがあります。


子どもを心底信じてあげてください。


手がつけられないヤンチャ坊主さんは、朝から晩まで言うことを聞かないですか?

静かに何かで遊んでいたり、じっとテレビを見ている時間もあるはずです。

どんなものに興味を持ちますか。なんのテレビが好きですか?

とにかく徹底的に観察します。攻略するには相手を知ることも必要ですからね。

相手を知るとこちらにも余裕が生まれてきます。

その子をよく理解をしていてば、他人から何をいわれても動じなくなります。

先生はそういうけど、この子にはいいところがいっぱいありますから。

テストの成績や学校での様子だけで子どもを判断されてはたまりません。


私がこの子を信じてあげなくて、誰が信じるの!と思ったら何かがふっきれます。


大成していく姿を見守りましょうね!