• ikuko shimada

窓から見える風景

家を建てることになったとき最初にこだわったのは、その家の窓から見える風景でした。贅沢にもとにかく、どの窓からも緑が見えるようにしたかったのです。

隣が公園なら申し分ありませんが、そんな土地は間違いなくお高いです。庭ができるくらい広い土地を購入することも、もちろん難しい。そこで、周りの家の庭の木々が、あたかも自分の家の緑のように窓から見える環境を選ぶことにしました。近隣の方々には本当に感謝しています。建築家の方には「どの窓からも緑が見える」とお願いして、見事にその条件を叶えていただき、期待以上の心地よい家が完成したのでした。


唯一自力で植えたのは、玄関先の我が家のシンボルツリーのヒメシャラです。玄関に入ったらどこかにガラス越しに緑が見えるという条件もお願いしたので、理想通りの気持ちのよい玄関になっています。


玄関に入ってすぐ、ガラス越しに見えるその木は、2階のダイニングルームからも間近に見ることができ、鳥たちがたくさんやってきます。その中の1羽がいつの間にか巣を作り、ヒナが巣立っていく瞬間をダイニングルームから至近距離で見られるというサプライズまで。さらに大きな別の窓からは空を見ることもでき、家にいることがとても大好きになりました。


家づくりの際は、とかく家の中のことに意識が向かいがちですが、ぜひ外にも目を向けてみてはどうでしょう。内側から見る景色が気持ちのいい家は、きっと外から見ても素敵な家だと思います。